地中海沿岸地域に広がっている、洞窟住居について

カッパドキア地方にある、洞窟タイプの家が注目されている

蔦の葉におおわれて陰になっている外壁は、むき出しで直射日光を受けているときとくらべると15℃も温度が低いといわれますが、十分に断熱した壁では室内にその効果はほとんどありません。同じ工夫が、ときどき田舎の農家などでみられ、家の東や西面に竹で庇まで届く格子を組み、朝顔やへちまを植えて日射をとめることが行われます。これらは、東西の窓に対する日よけとしてはきわめて有効です。屋根緑化は、環境共生住宅なるものの代表選手のようなものですが、これも断熱材と混同して、家が涼しくなると思うのは誤りです。

壁の葉陰効果も同じですが、ノルウェーのログハウスに関して記述したように、屋根でも天井でも、しっかり断熱すればするほど影響は少なくなるわけで、屋根緑化で家が涼しくなるとすれば、それは断熱が悪いことの証明のようなものなのです。岡山市山崎を通りかかると、屋根に草の生えている美しい家に気がつきます。郵便受けの屋根まで緑化して遊び心をみせているこの家は、当地の「木なりの家」の設計建築によるハイブリッドソーラーハウスです。「屋根の断熱はしっかりしてあるから、屋根緑化に冷涼効果は期待していない。

社会に対する意思表示としてやっている」といいきるところが、設計者と建て主の理解度の高さをうかがわせます。トンネルで冷房の試みは失敗。これは、自然冷房の試みです。わが家の庭に縦坑をつくり、そこからえんえん24mのトンネルが地下を走って居間に開口しています。地下の温度は、深さ2m以上になると一年中、約18℃と変わらないので、このトンネルの涼しい空気を家に導いて冷房しようというのが、クールチューブと呼ばれるパッシブ冷房手法です。
数ある業者のなかで、環境省にも認められた特殊な特許技術を持ち、おおきな信頼と評価を得ている会社が、東京都世田谷区にある最も有名な遮熱塗装業者になります。
アパートやマンションなどの賃貸物件を、そのお部屋を所有している大家さんや管理会社などから紹介してもらい、契約成立した時に払うのが仲介手数料で賃貸に付きものです
誰だって良いマイホームを安く建てることを望むでしょう。そんな夢を叶えてくれるのがいえ活プロジェクトです。興味のあるかたは、一度問いあわせてみるとよいですよ。


新着記事
2014/07/30 注目記事を更新しました。
2014/07/26 新着記事を更新しました。
2014/07/25 ソーラーハウスを更新しました。
2014/07/22 井戸水冷房を更新しました。
2014/07/20 洞窟ホテルを更新しました。
2014/07/18 自然冷房の試みを更新しました。
2014/07/17 カッパドキア地方にある、洞窟タイプの家が注目されているを更新しました。
2014/07/14 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
大阪市住まい公社マピオン住まい探しエイブル
大阪市のいい住まいを探すならこのサイトでいろいろな物件を探せば悪い物件には当たりません、最高ですよ。不動産物件検索(賃貸/中古売買)のサイト。賃貸マンション・アパート・一戸建などの賃貸住宅情報が充実。エイブルは、日本最大級の店舗数で、賃貸マンションや賃貸アパート・賃貸住宅などの不動産情報を紹介している、賃貸情報検索サイトです。